映画「大統領の執事の涙」を観る

2014.03.03 Monday

0
    事前に何も知らず、公開されて興味を持ち、行きつけのシネコンでも上映していたので観ました。

    個人的にはとても面白かったと感じます。
    7代の大統領に仕えた執事ということで、歴代の大統領(の役者)が登場するのも面白かったですね。
    実は7代全員が出てくる訳では無く、カーター大統領などは出ませんでした。
    ニクソン大統領役はイメージが合わないです、ニクソン氏は演じるのが難しい大統領なのでしょう。
    逆に最後に仕えるレーガン大統領はイメージぴったりで、これはこれでちょっと笑ってしまう。
    映画俳優出身のレーガン大統領の役を演じる役者がそっくり、というよく解らん状態です。
    主人公セシルが仕えた大統領達が政権を運営していた時代、20世紀で最も激しい時代だった訳で、
    そういう意味でも一人の執事が歴史の中心で時代の変貌を観ていたわけで、映画になってしかるべきと感じます。
    ちなみにこの映画、実話メインです(一部に脚色もあるのかな?)。
    にしてもホワイトハウスに勤務していても、割と最近まで黒人は賃金に差を付けられていたというのは驚きです。
    人種差別が撤廃され、真に自由の国という米国の中枢でもこんな感じだったのですね。

    最後に、ホワイトハウス見学者に出されるクッキーを食べたいですな、見学は誰でもできるのかな?
     

    トランパスmpZ

    2014.03.02 Sunday

    0
      トランパスmpZとは何か、トーヨータイヤの新製品です。
      要はクルマのタイヤなのですが、今日これを買いに、そして装着しに行ってきました。

      今まで、ヨコハマのブルーアースというのを4年履いていたのですが、溝が無くなり
      このままじゃ車検通りませんよと言われてタイヤの履き替え・・・。
      今乗っている本田のモビリオは、今年9年目の車検で、過去5年目の車検の前にも
      納車時のタイヤからブルーアースに履き替えた経緯があります。
      年間走行距離は1万キロもありませんが、路面の状態が悪いところも多少有るためか、
      車検2回分、つまり4年で溝が無くなりますね。
      小型とは言えミニバンなので、タイヤの減り方も両肩減りと言われる状態です。
      今度のトランパスは、ミニバン用タイヤとして古くから宣伝している物です。
      よく考えれば、何で前回ブルーアースにしたのか、ちょっと思い出せないですが、
      最近流行のエコタイヤの効果を見てみようかという思いで選んだと記憶しています。
      結果それほど燃費が改善した訳でも無く、自分には余り意味が無かったような気がします。

      mpZの乗り心地ですが、さすが初日でこんな感じだ!という評価はできません。
      ブルーアースより剛性が高い感じは受けますが、ヘタったタイヤから新品に履き替えた
      感覚の方が影響が大きくて、タイヤの違いによる差はまだ解らないというのが現状です。

      消費税アップ前に履き替えて正解だったかな?
      mpZはまだ新製品で価格がちょっと割高な感じだったのですよ、税率アップ前というの
      考えるとイーブンかな・・・?
       

      今日は猫の日

      2014.02.22 Saturday

      0
        2月22日で今日は猫の日。
        我が家では猫を飼っていないので、特別何の変哲の無い1日になってしまうのですが。
        手作りパンでチェーン店が多くある、リトルマーメイドへ立ち寄ってみると、こんなパンがありました。

        いや〜なかなか可愛いねぇ、小さめでその分安いし。
        早速買って帰って食してみると、練乳サンドになっていてなかなか美味しい。
        たまにはこんなのも、良いんじゃないですか?


         

        チャッポーン

        2014.02.20 Thursday

        0
          私の上の前歯は、4本差し歯だ。
          学生時代に虫歯になり、差し歯になってしまった。
          こんなところ差し歯にするのは老人だけですよ、などと歯医者はのたまわった。
          二度とこんな失敬な歯医者来るものか、と思った。

          さてその差し歯が、突然取れた。
          過去にも取れた事が有り、どうしてもしばらく経過すると取れてしまうらしい。
          しかし仕事が忙しく、地元の行きつけ歯医者に行く時間が無い。
          なにか対策は無いか、前歯が無いなど会議で恥ずかしいぞ!
          それより上手く喋れないぞ、どうすんだ。
          アロンアルファみたいな接着剤で急場をしのぐか、しかし人畜有害なものが大量に
          含まれているような気がするし。
          「そうだ!ポリグリップがあるじゃないか!」
          早速近所の深夜営業のドラッグストアへ、そして新ポリグリップ無添加というのを買う。
          使ってみると、非常に調子良い、これなら週末歯医者へ行くまでは十分だろう。
          朝、会社へ行く前にポリグリップ塗って、さぁ出発。
          何の問題なく1日が終り、帰りがけ夕食に”華らんたん”に入店する。
          この店、長崎ちゃんぽんの店なのだが、リンガーハットより美味いと思う。
          大崎店と有楽町店に良くいくのですよ。
          で、出てきた海鮮味噌ちゃんぽんを食べようと大口開けたら、その瞬間
          ポロッ・・・
          うぉ〜、前歯取れた!!!
          モア!ポリグリップパワー!
          そして前歯は海鮮味噌ちゃんぽんの中へ、チャッポーンと沈没。
          幸い、前歯サルベージには成功し、持って行ったポリグリップを塗り直して事なきを得る。

          いや〜、海鮮味噌ちゃんぽん美味しいな(そっちかい!)。
           

          デジカメ、3月購入のススメ

          2014.02.16 Sunday

          0
            消費税率が上がります、今更言うまでも無いですが。
            そこで3月は、デジカメを新調してはいかがでしょう。

            年末年始にデジカメに関する投稿をしましたが、今年、デジカメを買い換えまたは
            買い足しするのにちょうど良いタイミングだと思います。
            どうせ買うなら、そんなに単価の安いものでは無いから、消費税が上がる前がお薦め。

            前回までに最近の傾向を主観的に書きましたが、その傾向に則ってお薦め機種などを選定します。
            まず、デジイチと呼ばれるデジタル一眼レフですが、衰退の傾向かな?と感じています。
            なのでこのカテゴリーから製品を選ぶメリットは少ないかも知れません。
            それでもカメラというと、昔から”この形”といったカメラ然とした形をしていますし、
            構えて撮影するときなどは気合いが入って良いかも。
            エントリークラスでも一般の人がスナップを撮るにはオーバースペックな感じなので、各社とも
            お安い買い得モデルを選ばれると良いでしょう。
            個人的にお薦めは、キャノンのEOS-kiss X7。
            不得手の無いキャノンで、kissシリーズは過去にも沢山売れた機種ですから、ユーザーも多いです。
            無難な選択となるでしょう。

            さてデジイチの廉価版的な位置づけですが、実際には全く異なる傾向だと感じるミラーレス一眼。
            これは発展途上なので、型落ちのお買い得機種を選ぶのが賢いです。
            メーカーによるブレも余りないように感じるので、店頭で触って気に入ったもので良いでしょう。
            個人的なお薦め機種は、富士フィルムのX-A1とパナソニックのGFシリーズ。
            市場ではオリンパスのPENシリーズも人気があり、悪くありません。
            キャノン・ニコンの大御所ではEOS-MとNikon1シリーズを出していますが、価格が高めに感じます。
            カメラとしての製品は悪くはありません、その他SONYのNEXシリーズやPENTAXのQシリーズなども
            特徴が有っていいかも。

            最後にコンパクトですが、これは高級または高機能コンパクトと呼ばれるカテゴリーから選択しましょう。
            ちなみにこのジャンルですが、前出の一眼レフやミラーレス一眼より、価格的には高くなる場合があります。
            レンズ交換もできず、コンパクトでファインダーも無い(機種に寄りますが)、なのに価格は最も高いという事態が発生します。
            もちろん、それだけの写りをする訳で、しかもオールインワンであるメリットは大きい場合があります。
            個人的には以下のような機種をお薦めします。
            富士フィルム XQ1
            キャノン PowerShot G16
            ニコン coolpix p340
              ソニー        Cyber-shot  DSC-RX10 と RX100M2
              オリンパス STYLUS 1 と XZ-2
             
            下は2万円台から、上は10万円を越えます。
            予算に合わせて選ばれると良いと思いますが、一端買ったら5年以上は使い続けるであろうこと、
            そしてこの先どんな被写体を狙っていくのかを考えると、目先の予算だけで妥協するのはNGでしょう。
            だたらもし、高額な機種をどうしても買うことになるのなら、消費税率が上がる前がいいと思うのです。