アニメ夜話・第277「武装少女マキャヴェリズム」

2017.08.19 Saturday

0

    第1話観るなり、ああ、良くあるいつものパターンかな、この手の作品は見飽きたかも、

    などと思いながら観ていくと、だんだん面白くなって来るから不思議。

    細かい設定はどうでも良く、登場キャラがかなり灰汁が強くて魅力的である。

    個人的にはラスボス感の有る天羽が気になりましたが、余りにも分からないまま終わってしまい、

    やや消化不良気味です。

    最後は退学処分を受けたようですが、それで何で外国へ行ってしまうのか?

    天羽ちゃんも納村が欲しければ、近場から離れなきゃ良いのに、などと考えてしまう。

    やはり居づらいのかな〜。

    他は増子寺とクマのキョーボーがいい感じ、割と存在感を強く出してます。

     

    根本で軸となるシナリオとしては、外出許可証に五剣の印鑑を貰う事ですが、

    この設定がどこかへ消えそうになってもちゃんと復活してくるところがエラいです。

    この許可証を貰って外出する先が天羽を見送る空港という展開も、最初から仕込まれた設定?

    と感じてしまいますがね。

     

    それとこの学園の女子の制服ですが、凄く特徴の有るデザインでは無いものの、

    とてもいい感じの制服で、キャラによってちょっとずつ違いがあるのも良いですね。

     

    http://machiavellism-anime.jp/

     

     

    アニメ夜話・第276「ブレイブウィッチーズ」

    2017.08.17 Thursday

    0

      10年くらい前の「ストライクウィッチーズ」から延々と続くシリーズで、

      今更細かい解説は不要でしょう。

      今回初めて、別部隊で登場人物を総入れ替えの新作となりました。

      テレビ版第1期・第2期および劇場版やODAは全て501部隊が主役、または絡んだもの。

      今回は502部隊ということで、設定が全面刷新なのですから、敵の設定なども変わるのか?

      とちょっと期待しました。

      501部隊というのが最後の方で敵であるネウロイの巣を葬り去ったはずなので、

      そのように考えたのですが、それは501部隊の担当エリアの話で、他はまだ戦闘中、

      世界中にネウロイの巣は複数存在するみたいで、これならいくらでもシリーズを継続できますね。

      今回の502部隊の特徴として、扶桑皇国出身の隊員が多いことかな。

      主人公姉妹もそうですが、お料理の上手な下原少尉、気の強い菅野中尉も存在感が強く、

      他の国出身者の影が薄いような。

      501の方は逆に扶桑の人間が主人公だけだった(坂本大尉というのは居たが)ので、

      そのように感じるのかも。

       

      ストパンの空軍、ガルパンの陸軍、そして艦コレの海軍と、3軍を構成する一つなので、

      これからもまだまだ新作を提供して欲しいものです。

       

      http://w-witch.jp/

       

      サウンドバーを買ってみる

      2017.08.16 Wednesday

      0

        液晶テレビってのは、スピーカーが背面にあって、しかも下を向いている。

        これでもちゃんと聞こえるように設計されているが、やっぱりイマイチですね〜。

         

        映画や音楽番組などをいい音で、とは思わないものの、台詞が良く聞き取れないのは困る。

        そこで簡易な音響機器で状況改善、サウンドバーというのを導入してみることに。

        かなり以前から色々なメーカーから販売されていて、やっぱりヤマハが老舗だろうか?

        ただ事前の調査では、ヤマハは高価ですね。

        安い機種もありますが、デザインと音がイマイチ。

        そこで登場当時、バカ売れで在庫が無くなかなか入手できなかった坊主のソロ5にする。

        サウンドバーとしては割と小さい方で、重量も軽い。

        買ってきて、開封し、設置。電源と光デジタル音声ケーブルを差し込むだけ。

        テレビにはほぼ間違い無く光デジタル音声出力端子があるので、設定で迷うこと無し。

        で、感想は・・・。

        前へ向かって音が出るので、音がハッキリ聞こえるのがすこぶる良い。

        低音が締まって聞こえ、高音も解像度が上がった感じで、割と大きめの音量で聴いていても

        聴き疲れすることが無い。

        やはりメーカーとして坊主を選んで正解だったように思う。

        テレビがソニーのブラビアなので、ソニーのM300とかいう2ピース構成の製品も考えたが、

        箱一発で完結するこっちの方が、やっぱりいい。こんなものでもちゃんと坊主サウンド出ますね〜。

        テレビが26インチという小型なので、設置した後の感じがパッとしない。

        テレビ台を調達して、2階層にすればいいかも。

         

         

        「あのカツパン下さい!?」

        2017.08.14 Monday

        0

          お盆、そこで既に他界してから20年以上経過したお婆ちゃんの事を思い出す。

           

          このお婆ちゃん、三大好物というのがあり、

          1 歯が欠けそうなくらい堅い白米

          2 黒焦げ寸前の鮭の皮

          3 マクドナルドのハンバーガー

          であった。

           

          随分とメリハリのある好物であった訳だが、この内でマックのハンバーガーが凄い。

          死ぬまで遂に『マクドナルド』と『ハンバーガー』という単語を覚えなかったお婆ちゃん。

          どうやって注文するのかというと、スタスタとマックの店内に進み、

          カウンターまで行くと後方に出ている値段表の横にあるハンバーガーの写真を指さし

          「あのカツパン下さい!」と、のたまうのである。

          当時、良くコレでちゃんとハンバーガーが買えたものだと、店員の対応に驚く訳だが、

          どうしてハンバーガー好きになったのだろう、今では永遠に解けない謎である。

           

           

          お盆のアキバ

          2017.08.12 Saturday

          0

            世間は夏休み、そんなものが全くない自分には関係ない話です。

            しかし長期の休みとなれば、アキバは遠方からの観光客で大混雑。

            何でこんなところに来るんでしょうねぇ、やっぱりその方面の趣味だからでしょうか。

            ちなみに、家電品や電脳関連の商品を扱う店は、かなり減ってきてますね。

             

            昔はアキバで食事が難しかったのですが、今はかなり店が増えました。

            カーネルサンダーも特別衣装ですが、あの白いスーツが作り付けなので、

            その上からアロハを着込むという、苦しい状況が何となく笑いをそそる。

            FAガールとコラボしていたトンカツ屋は、こんどはセントールの悩みとコラボ。

            ちょっと値段が高いのが困ったもので、前回アーキテクトのトンテキもどれくらい売れたのか、

            甚だ疑問。

            ヨドバシの上層階にあるレストラン街、そこにある富山ブラックラーメンの店もコラボ。

            この異世界食堂というアニメは割と評判が良いので、撮り溜めているのを観るのが楽しみ。

            ちなみに胡椒が強烈なブラックラーメンですが、私は非常に気に入っていて、

            この店は時々行っては食べるのですよ。

            アキバと言えば、ラーメンの町だったのですが、この話題は以前に書き込んだかな〜?

            またちょっと思うところがあるので、同じネタで違う内容、ということで書き込むかも。