新型Amazon FireTV

2017.12.23 Saturday

0

    発売直後から、初代FireTV Stickを愛用してきました。

    それを別の部屋のテレビに付け替え、居間にある40インチ4Kテレビには、

    新型を付けることに。

    11月の末日ころ、製品が届いたので早速開封。

    Stick機なみに小型のは驚き、これでも性能はかなり良くなっているはず。

    純粋にCPUが強化されたとかで、果たしてそれを体感できるか?

    パッケージはかなり工夫されていて、必要最低限の梱包で全てのものが格納されています。

    この辺は最近の傾向で、地球環境にもやさしいのかな。

    本体が菱形というのが斬新、別に正方形でもいいのですが、ケーブルが出ている部分が角で、

    菱形にぶら下がるのが良い感じです。

    リモコンの反応とか切り替えとか、やはりキビキビしていて気持ちいいです。

    しばらく使った後、本体に触ってもあまり熱を持っておらず、この辺も良い感じ。

    何と言っても画質が良いですね、ただし、高画質を感じられるのは、高画質のコンテンツのみ。

    Netflix内蔵テレビに付けたので、Netflixはテレビ内蔵で4Kコンテンツを楽しみますが、

    AmazonプライムビデオやU-nextは今後これで楽しみます。

    Googleと喧嘩していて、YouTubeが間もなく見れなくなるのはちょっと残念かな。

     

    関連する記事
    コメント
    そうなんですか!
    いきなり、2018年1月1日からは、YouTube見れません!って、テレビ画面に表示されたので、ビックリしました。
    • by らら
    • 2017/12/30 7:16 PM
    まぁWEBブラウザーを経由すれば、何の問題も無く閲覧できるので、ファイアーフォックスが提供されましたが、せっかくの専用アプリだったのにねぇ。
    コンテンツ提供とハードの提供は切り離して貰わないと、ただAmazon関連はコスパが非常に高いので他の売り上げが影響しているのでしょう、その辺を忌々しく思っている他社の思惑も解らなくも無いですが。
    • by <鈍速>
    • 2018/01/01 8:41 AM
    コメントする