アニメ夜話・第262回「幼女戦記」

2017.04.16 Sunday

0

    アニメ化されることを、放映開始前から知っていましたが、

    原作知っている訳でもないし、大きな期待はありませんでした。

    実際に観てみると、なかなか面白いです。

    幼女であるターニャが主人公だからこそ面白いのであって、

    これが在り来たりの若造などではイマイチ盛り上がらなかっただろうとも思えます。

    第一次世界大戦(?)のヨーロッパに似た場所が舞台で、一応は架空の世界設定です。

    魔法が存在し、魔道士が前線に出ていたりするので、現実味は殆どありませんが。

     

    映像コンテンツとしては非常に面白いのは事実なのですが、

    強く印象に残る良作か?と問われれば、それはNoですね。

    自分の中では強く印象に残らないず、やはり忘れ去られるかと思われます。

    ヨーロッパ戦線での戦闘という表面上のストーリーの裏に、

    神との戦いみたいなベースストーリーが存在し、これがないとターニャの存在意味が薄れますが、

    しかし反面これのおかげで微妙に話を解らなくしているとも言え、難しいところです、

    原作の何処までアニメ化したのか解りませんが、恐らく続編はない気がします。

     

    ところで、ターニャの副官で登場キャラの中でかなり特異なヴィーシャというのが居ます。

    CVハヤミンで見た目も可愛いのですが、性格もなかなか良かったですね。

    殺伐とした作品中で、その存在は貴重です。

    こんな感じで、見た目通りおっとりした性格ですが、寝相は悪くて潜水艦内でこんな姿も。

    彼女視点でアナザーストーリーというのもアリなんじゃないか?と思わせます。

    他にもルーデルドルフやゼートゥーアといった帝国軍参謀役で玄田哲章・大塚芳忠といった

    ベテランが渋い演技を聞かせてくれてますし。

    最終回でメアリーが覚醒したみたいなシーンがあり、戸松遥を配置しているのを考えると、

    やっぱり続編有るかな?・・・と。

     

    http://youjo-senki.jp/

     

    コメント
    コメントする