アニメ夜話・第310回「ネト充のススメ」

2018.04.11 Wednesday

0

    こりゃまた面白い作品でした。

    最近よくある3パターンの内、2番目のネット世界の話に属する内容ですが、

    ネットとリアルの両サイドで物語が進むので、それはそれで面白い展開です。

     

    能登麻美子の声は好きなので、主役というのが嬉しいですが、

    OL辞めてニートになるというキャラ設定はどんなもんか?

    当面の生活費とか大丈夫なんだろうか?とか余計なことが心配になる。

     

    ネット内ではイケメンの男になる、という設定も良くあるような話で、

    やっぱりアバター作るときは異性のキャラやる人が多いのかな〜?

    となるとリリィやライラックの中の人が男というのも、容易に予想できますね。

    実際リリィは桜井でしたし。

     

    この作品の世界設定で良かったのは、リアルを細かく設定しなかったことかな、

    モロモリちゃんのかつての同僚とか故郷の両親とか、あんまりそんなキャラが絡んでこなかった点。

    リアルのイベントを細かくしてしまうと、そっちへ比重が傾き、

    ネットの方が疎かになるような感じを受けるので、リアルをある程度抑えた展開にしたのは正解です。

     

    話は丸く収まったので今後の展開は無いでしょうが(原作は知らんが)、

    何となくもっと先の展開を見てみたい感じはします。

     

    http://netoju.com/close

     

     

    アニメ夜話・第309回「ヴァイオレット・エバーガーデン」

    2018.04.08 Sunday

    0

      本題に入る前に、最近のアニメは同じような設定・内容の作品が多い、

      と感じざるを得ません。

      異世界へ転生する、ネット世界での話、そして2時世界大戦の頃の話。

      本作は架空の世界の話ですが、2次世界大戦の様子を模しており、3番目に当てはまります。

       

      本作の評価は高いようですが、自分はそれ程でも・・・と感じました。

      主人公がかなり特異で、前半は感情が余りにも希薄、顔の表情も殆ど変わらないという有様。

      後半はこれも解消していきますが、特に盛り上がるようなエピソードも無く、

      「あれ?」という感じで終わってしまいます。

      まぁ一般的な感想としては、ラスト4話くらいが大いに盛り上がって、感動を呼ぶ、

      という意見が多いかも知れませんがね、自分はそれほど評価しません。

      これから新作も制作されて行くみたいで、まだ完全な終わりでは無いですが、

      これからに期待しましょう。

      でも自分としては、やはりギルベルト少佐が生存していた、というエピソードに期待したい。

      勿論、五体満足では無く記憶も失っているとか、しかも・・・

      ヴァイオレットちゃんは紆余曲折の末、ギルベルトの兄であるディートフリートといい仲になる、

      何ていう原作全く知らない勝手な妄想なんですが、そんなのも面白そう。

      戦闘人形として育ったヴァイオレットちゃんですが、感情は無く顔や仕草に変化がない。

      アニメではそれを補完するためだと思われる、足下の描写がやたらと多いです。

      演出としては有りなんでしょうけど、ちょっと足下描写は多すぎるかな?

      という感じも受けました。

      余りにもヴァイオレットの足下描写が多すぎるため、彼女の履いているブーツが変なのに気付きました。

      フロントレースアップのブーツなんですが、その編み上げ部分がフロントから横に回り込んでおり、

      こんなの有るの?どうやって履くの(脱ぐの)という漠然とした疑問が。

      こういう余計な所に注目してしまうくらい足下描写は多かったですね。

      他の登場キャラにも足下描写は多めで、郵便社の同僚となるベネディクトが男なのにハイヒール

      というのにすぐ気付きましたし。この設定に何の意味があったのか、本編では語られないので不明。

      ゲストキャラにもしっかりスポットは当たり、終盤に向かってゲストキャラの設定が

      いい演出として使われているのも良いです。これはアニメだけの演出でしょう、

      きっと原作には無い演出だと思われますが。

      前出の通り、新作あるのでそっちに期待しましょう。

       

      http://violet-evergarden.jp/

       

      アニメ夜話・第308回「ゆるきゃん」

      2018.04.01 Sunday

      0

        登山のブームの次は、キャンプというわけで、この作品である。

        私などはどう考えても、寒い真冬に屋外キャンプなどは行かないしやらないと思うが・・・。

         

        主人公がちょっとバカっぽくて、大食漢で力持ちという、でも髪の色がピンクで主役を主張。

        その対比キャラがお団子頭でちょっと寄り目なのが、意外に良い感じ。

        この対比キャラをCV東山奈央となっており、随分落ち着いたボソボソ喋るキャラで、

        過去の東山キャラにこんなの居たっけ?という感じ。

        主役は花守みゆりで、こっちはまだ新人の看板が外れない感じかな。

        「ゼロから始める魔法の書」で主役やってた頃より、こっちのキャラの方が自然な感じですが。

         

        舞台となる野クル部というのが、予算も少なく部室が典型的なウナギの寝床で、

        ¥980のテントを持ち出す小規模貧乏クラブという設定がいい。

        主役以外の登場人物も興味深くて、主人公の姉が何であんなに落ち込んだネガティブな

        イメージを漂わせているのかとか、個人的には随分古い日産のラシーンに乗ってるのに

        興味をそそられるのですが。

        リン(お団子頭)の祖父というのがソロキャンパーで、野クル部の面々が合流するエピソードとかも

        見てみたいし(野クル部の大垣だけ逢ったけど)。

        とにかく脇役も良い感じなので、それらにスポットを当てたエピソードを見たいですね。

        もしかして原作ではそのようなエピソードがあるのかな?単にアニメは尺が足りなかっただけ?

         

        非常に評判が良く人気も出たので、先行する「ヤマノススメ」と同じく、第2期期待できるかもです。

         

        http://yurucamp.jp/#index

         

        アニメ夜話・第307回「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

        2018.03.31 Saturday

        0

          これもまた、良くある異世界ものでハーレムもので、とにかく美少女いっぱい系かと思い、

          何となく見ていると、割と面白い作品なのが意外でした。

          原作がかなり人気の作品のようで、なるほどと思わせます。

          アニメ化はその一部、序章といった感じで、まだまだ先がありそうな感じで終了してしまいました。

          第2期とかあるのかも。

           

          原作の雰囲気を何処まで再生できているのか解りませんが、割とサクサク話は進み、

          キャラクターにスポットを当てる時間を必要最低限にして、

          エピソードを消化する方に時間を割いた、と感じる内容でした。

          しかし根本的な疑問として、第1話の導入部からの話のつながりが全く解らず、

          最終回までそれが解説されることも無かったので、何としても第2期は欲しいですね。

          個人的に気になるのは、ナナの6人の姉妹と合流して、一行が凄い大所帯になるのが面白そう。

          ポチやタマが成長した姿というのも気になるし、いったいどんな落としどころで幕が下りるのか?

           

          http://deathma-anime.com/

           

           

          アニメ夜話・第306回「つうかあ」

          2018.03.14 Wednesday

          0

            放送開始前より情報を知っていたので、何となく期待した作品。

            でも残念ながら、評価としては厳しい評価を下さなくてはならいかな?

             

            何の予備知識も無い事前の予測では、もうちょっと学園生活や私生活を描いたものかと、

            その辺を期待したのです。

            蓋を開いてみると、レースに明け暮れるばかりで、全国大会に出場する各チーム毎に、

            毎話スポットを当てるという演出で、これにより登場キャラにはまんべんなく出番が回りましたが、

            今回のこの演出は失敗だったかな〜?と感じます。

            それと、登場キャラがあんまり可愛くない、というのも敗因かもしれません。

            いかにも狙ってます!みたいな、そんなキャラは居ませんでしたからね。

             

            にしても、サイドカーのレースがこんなにも過酷で、そして難しいものだとは、

            ド素人の自分などは思いもよりません。

            特にパッセンジャーの体重移動とそのタイミングは、ドライバーのテクニックや、

            マシンの性能よりレースを左右するものみたいで、実際のレースも見てみたいかも?

            と思わせます。

            しかしあれで良く振り落とされないものだと、感心してしまいます。

             

            第2期とか無いでしょうが、このまま埋もれてしまうのも勿体ない作品ですね。

             

            http://twocartv.jp/