今更オーディオ(10)ハイレゾ

2018.04.24 Tuesday

0

    何の曲か、ソースによる差も大きいのですが、ハイレゾだと確かに音楽に新鮮さを感じます。

    音楽のジャンルによる差もあり、その差を感じる場合とそうでない場合もあるでしょう。

    そうなると、やはりハイレゾの方がいいのかな?とも考えてしまうのですが、

    FLAC形式のハイレゾサウンドファイルが、例えばMP3なんかの数十倍から数百倍

    (大袈裟では無いです)というというのをみると、なんだかな〜とも感じてしまします。

     

    同じ曲をMP3とFLAC形式のハイレゾサウンドファイルで聞き比べて、

    はっきりと鮮明に差を感じず、それでいてファイルサイズが1対100というのでは、

    いくらHDDの容量辺りの価格が急激に下がったとは言え、考え物だというのは

    無理からぬ話で。

    アンプやスピーカー或いはヘッドフォンなど、他の機器もハイレゾ対応を謳う製品に変える必要があるか?

    これは全くのNoで、既存品で問題ないです。

    ハイレゾ対応を宣伝しているのは、それらの製品を売りたいメーカーの戦略で、

    電気的な規格でハイレゾ対応とそうでないものの差は無いですし、非対応だと音が悪いとか、

    どこかが故障するという物では無いです。

     

    まとまりの無い状態で話を進めてきましたが、結論から言うと、

    「ハイレゾは余り魅力も無く必要性は低い」という感じになりますね。

    高級なオーディオ機器が揃っていて、色々な音を聞き分ける耳の持ち主ならば、

    大いにハイレゾの価値もあるでしょうが、そうで無い人は音型が薄いです。

    前述のようにファイルサイズがデカいので、数百曲のハイレゾ曲を持っていると、

    それだけでテラバイトクラスのHDDが満杯になりそうだし、それが万一クラッシュしたときのための

    バックアップを取っておくとなると、同容量以上のHDDが必要にもなるし、

    ハイレゾは裕福な人のための物?という感じになりますね。

    実際ハイレゾ曲は、通常曲よりダウンロード価格が平均して倍くらいの価格ですし。

     

     

    今更オーディオ(9)ヘッドフォンアンプ

    2018.04.19 Thursday

    0

      USB-DAC搭載機器として、ヘッドフォンアンプというものもあります。

      というか、最もポピュラーなUSB-DAC搭載機器になりつつあると言えるかもです。

      このヘッドフォンアンプ、据置型とポータブル型の2方式があり、

      お好きな方を選択すれば良いでしょう。

      スマフォや携帯音楽プレーヤに使うのであればポータブル型、家の中で、

      本格的なオーディオとして利用するのであれば据置型です。

      全般的に据置型の方が高額な機器が多く、余り一般的では無いかも知れません。

      これらの製品は単純に言うと、USB-DACと既存のヘッドフォンアンプを合体させた、

      というだけの製品で、特別変わった機能がある訳では無いです。

      ポータブル型ですと価格も安く、USB-DAC入門にも適していると言えます。

      使い方はとても簡単で、PCまたはスマフォとケーブル1本でつなぎ、

      あとはヘッドフォンまやはイヤフォンをつなぐだけ。

      バッテリー駆動が当たり前ですから、充電しておけば電源ケーブルも不要。

      最初だけドライバーのインストールなどが必要になる場合もありますが、

      これとて別に難しくはないです。

       

      最近流行のハイレゾ音楽というのも、これら機器で視聴可能となりますが、

      このハイレゾっていうのが・・・、ハイレゾの話はまた次回。

       

       

      今更オーディオ(8)USBーDAC内蔵

      2018.04.16 Monday

      0

        USB-DACを使って音源をPCとするのが、最近の流行で有り今後も主流かと思いますが、

        このUSB-DACに選択肢が色々あって製品の購入には迷いますね。

         

        自分が強くお勧めするのは、USB-DAC単体では購入しない方がいい、ということです。

        USB-DAC機能を併せ持つ製品の方がコスパが良く、配線の煩雑さを避け、

        使い勝手が良いからです。

        最もお薦めなのが、一体型のCDレシーバーでしょうか。

        1台でCD・ラジオが聴けて、USB接続でPCまたはスマフォやUSBメモリーにあるデータも聴けます。

        さらにはLAN接続機能を持つ物もあり、ネットワークプレーヤーとしての利用も可能な製品も、

        決して少なくは無いです。

        高機能あるいは多機能の製品では、価格が多少高くなりますが、CDとラジオとスマフォの接続だけしか

        できない製品と比較して、そんなに価格差はありません。

        最も重要なことに、多機能な一体型では音質が犠牲になるのでは無いか?という心配。

        これは自分で幾つか所有した機種を聴く限り、そして店頭で幾つかを試聴させて貰った限りでは、

        全く心配に及ばないと言えます。

        これだけ多機能で高音質では、単品のフルサイズ製品に存在意義が薄れるという物です。

        最近は各メーカーから単品は姿を消しつつ有り、一部超高級品だけを揃えて他は無し、

        というのが増えたのも頷けます。

         

        他のUSB-DAC内蔵製品としては・・・、それは次回。

         

        今更オーディオ(7)UD-301いい音

        2017.09.14 Thursday

        0

          これは良い音するねぇ〜、買って大正解。

          ほぼ本命で買いに行ったのですが、念のため他の候補として、

          マランツ HD-DAC1 約8万円

          パイオニア U-05 約7万円

          も対抗として考えていました。

          UD-301の3万円に比較すると、値段が大きく違うので、あまり候補にはならなかったかもですが。

           

          HD-DAC1はとてもいい音で、マランツサウンドを聴かせてくれますが、

          ヘッドフォンアンプ付きのDACとしてはやはりコスパが悪い。

          マランツは過去にM-CR603といったCDレシーバーを愛用しており、

          それと大きく音が良い訳でも無いと感じることから、余計にコスパの悪さを感じてしまう。

          HD-DAC1を買うくらいなら、最新機種のM-CR611でも買った方がお得に感じる。

          U-05は懐かしいパイオニアサウンドを聴かせてくれ、グッとくるものを感じたものの、

          サウンドカテゴリーを選ぶかな?と思い敬遠。

          懐かしのパイオニアサウンドなので、高音は非常にきめが細かく繊細、そして柔らかい低音。

          ジャズやクラシックなどを聴くにはいいが、ロックなどは聴き疲れしそう。

          そしてこの機種だけ、デザインが気に入らない。

          バランスコネクターを中央にデンと配置したのが、自分的にはイマイチ。

          バランス接続するもの何も持っていないし、近々導入する予定もないし。

           

          てな訳で、目的通りUD-301を選びましたが、かなり音がいいので非常に満足です。

           

           

          今更オーディオ(6)DAC-1000を解雇する

          2017.09.03 Sunday

          0

            最初に買った本格的USB-DACであるDAC-1000ですが、どんどん調子が悪くなる。

            音が途中で止まって全く出なくなるとか、途切れ途切れになるとか、ノイズが乗るとか。

            ドライバーは全くヴァージョンアップされず、Windows7用のまま。

            ASIOドライバーの古さが問題と信じ切ってきましたが、もしかしたら機器の故障だったかも?

            いずれにせよ、コレに変わるDACを用意したいものだと感じ、TEACのUD-301を導入。

            なんでコレにしたかというと、確かDACチップがDAC-1000と同じだったような記憶が。

            仮に違っていても、試聴した感じ太い芯のあるサウンドが出て、これならOKかな〜と。

            他に色々所有している機器では、USB経由だとやや音が細い感じで、DAC-1000とは異なります。

            デザインもDAC-1000と違い、背の低い筐体、各種ランプが青色で美しく、

            そのランプで動作モードが確認できるのも良いです。

            DAC-1000には無かったヘッドフォンアンプ機能も有り、ヘッドフォン視聴ならこれだけで完結するのも良い。

            直接聴く場合も多いですが、真下のオンキヨーCDレシーバーにアナログ接続し、

            そっちから聞いても良い感じです。

             

            さすがにもうDAC-1000という時代では無いのかな、メーカーも見放した感あるし。

            自分の所で5年以上使用してきましたから、ここらで現役引退はやむを得ないか?