オリーブの味噌煮

2017.12.08 Friday

0

    母が、

    「老人会のイベントでマジックを披露してくれる人が居るから、

     そのBGMになるようなポールモーリアか何かの曲を用意して」

    と、のたまう。

    しょうがないので、手持ちの曲から有名なものだけを厳選し、手渡す。

    すると

    「ねぇ、曲名書いてくれなきゃ解んないじゃない」

    と、のたまう。

    「そんなもの、聴けば解るでしょ、曲名解んなくても困らないでしょ」

    と返答したが、やっぱり曲名を知りたいらしい。

    なもんで、「これは『シバの女王』だよ」などと教える。

    しかし聞き違えて、「はぁ?サバの女王?」などと、のたまう。

    「いや、サバは味噌煮でシバ!」

    と教えるも「はぁ?シバの味噌煮?」などと、会話は混迷を極め始める。

    マジックのBGMならこれでしょ、と『オリーブの首飾り』を聴かせるも、

    「はぁ?オリーブの味噌煮?」などと会話が前後してさらに混迷を極める。

     

    しかし、オリーブは味噌煮じゃ食えないと思うが・・・。

     

     

    肉の食い過ぎ?

    2017.09.23 Saturday

    0

      最近何となく、ステーキハウスとか家系ラーメン店とか、肉を中心としたメニューで、

      且つ大盛りを売りにしている外食店が人気みたい。

      自分のようなバリバリ昭和世代の人間だと、肉そのものを食べるということがやや贅沢に思え、

      ガツガツ食べる物では無い!という意識があるのです。

      加えて自分は本来、肉は好きでは無いです。

      肉といっても豚肉・牛肉・鶏肉・魚肉いろいろありますが、基本的に何の肉でもそれほど好みでは無いです。

      ちなみに馬肉・鹿肉・熊肉・猪肉・狸肉というのを食したことがあります。

      馬肉と鹿肉はそれぞれ鍋で頂きましたが、かなり美味かったですよ。

      狸というのは非常に油っぽく、臭みも強いので、赤味噌の汁で頂きましたが、

      ちょっと次は要らないという感じでしたね。

       

      思うに、牛肉とかは特に最近安くなりましたね。

      どんな牛肉でも割と価格が高く、家では牛鍋(すき焼きの簡易版みたいなの)くらいしかやらず、

      焼き肉とかステーキなんか自宅ではやりませんでした。

      子供の頃からのこの体験が尾を引いているためか、カレーなんかは豚肉バージョンが最も好きです。

      外ではポークカレーって、あまり見掛けなくなってきたような気がするのが困りものです。

       

      さて今夜はどんなおかずだろう?

       

       

      正しいXmasイブの過ごし方とは

      2015.12.26 Saturday

      0
        部屋の明かりをつけず、隅の方で体育座り。
        音も光も無く、じっと時が過ぎるのを待つ。

        う〜ん、きっとこれが正しいXmasイブの過ごし方なんだろう。
        何かのラジオ番組で聞いた話なのだが、暗すぎるだろ、これ。
        そんなイブを過ごす人は放っておいて、自分の場合だと。
        父親が我が家は仏教なので、Xmasは関係ないのだよ、と教えられた。
        それにそんなに疑問を抱くこと無く、結局子供時代は過ごしたものだ。
        ご馳走を食べるということも無く、プレゼントを貰うことも無かったですね。
        疑問を抱かないので、それで特に寂しいとか悔しいとか、
        何か感情を抱くことも無く、それよりはやく正月にならないか、
        ということを気にしていたような記憶があります。
        普通の一般家庭より、かなり変ったところがあったような気もしますが、
        人それぞれだから、いいんじゃないか?と思いますがね。
        日本人がXmasを祝って?騒ぐのは、かなり以前からで、昭和30年代には既に、
        銀座の夜にサラリーマンが三角帽を被って練り歩く姿などが映像に残っています。
        作家・北杜夫氏の文中にも、Xmasを祝うのは良いことなのでは無いか、
        という記述がかなり古い作品に登場することから、自分たちよりずっと年上の世代には、
        何か思うことがありXmasを祝うことを国民レベルで始めたみたいですね。
        何がきっかけなのかとか、解らないことばかりですが。

         

        ハンバーグとは

        2015.12.17 Thursday

        0
          ハンバーグ好きですか?
          最近食べてますか?
          私のハンバーグに関する思い出、まぁ以下のようなものですが。

          自分が子供の頃、家でハンバーグを食べる、というと必ず石井の物でした。
          お鍋でお湯を沸かして、沸騰したら袋ごと中へドボン!
          3分ほどで、できあがり。熱々をどーぞ。
          これって、ミートボールと同じ味がして、形が違うだけじゃん?みたいな。
          またマルシンは、お湯で暖めるのでは無く、ちゃんとフライパンで焼く物ですが、
          魚肉系なのかな?独特な味でしたね。
          マルシンは今でも販売されているので、時々買ってきて食べますが、
          懐かしい味がしますね。
          自分で挽肉をこねて作る、という本格的なことは出来ないので、
          自分好みのパティを調整するという芸当はできません。
          学生時代にレストランでバイトして、ハンバーグこねてたら、
          腱鞘炎になったという職場の同僚がいました。
          こねるのも技が必要で、なんでもこねてりゃいい!というものでは無いのでしょう。
          外でハンバーグ食べるのなら、どこがいいのかな〜?
          ふらんす亭とかいう名前のチェーン店がありますが、ここは美味しいですね。
          ソースを6種類くらいから選べて、どれも美味しい。
          そのほかの店は、強く印象に残りません。
          あんまり外でハンバーグなんて、最近食べませんからね。

           

          海の家と言えば

          2015.08.17 Monday

          0
            関東では、サメが出たとかで遊泳禁止の海水浴場が多く、
            海の家は売り上げがあがったりという状況のようです。

            ところで、海の家で注文する食事と言えば・・・

            やはり定番は
            ラーメン・カレーライス・ソース焼きそば・おでん
            などでしょうか?
            海水浴で体の芯が冷えたのを、暖めるという役目から
            ラーメンやおでんというメニューが存在するのだそうで、
            海水浴なんぞ全く行かない自分にはなかなか理解しがたい事です。
            しかしまぁ、スープが酸っぱい醤油ラーメンや、やたらと粉っぽい
            カレーライスなど、一種独特な味が楽しめるのも海の家ならではですね。

            最近はメニューも垢抜けてきて、スパゲティペペロンチーノとか、
            豚骨ラーメンとか今風なメニューも多いのでしょうね?
            ペペロンと豚骨が今風なんだかどうか、という問題はこっちへ置いとくとして。

            海水浴しないけど、手近な海岸で海の家へ行ってみたいですね。
            値段とかも相当に高いのでしょうかね〜?