今更オーディオ(10)ハイレゾ

2018.04.24 Tuesday

0

    何の曲か、ソースによる差も大きいのですが、ハイレゾだと確かに音楽に新鮮さを感じます。

    音楽のジャンルによる差もあり、その差を感じる場合とそうでない場合もあるでしょう。

    そうなると、やはりハイレゾの方がいいのかな?とも考えてしまうのですが、

    FLAC形式のハイレゾサウンドファイルが、例えばMP3なんかの数十倍から数百倍

    (大袈裟では無いです)というというのをみると、なんだかな〜とも感じてしまします。

     

    同じ曲をMP3とFLAC形式のハイレゾサウンドファイルで聞き比べて、

    はっきりと鮮明に差を感じず、それでいてファイルサイズが1対100というのでは、

    いくらHDDの容量辺りの価格が急激に下がったとは言え、考え物だというのは

    無理からぬ話で。

    アンプやスピーカー或いはヘッドフォンなど、他の機器もハイレゾ対応を謳う製品に変える必要があるか?

    これは全くのNoで、既存品で問題ないです。

    ハイレゾ対応を宣伝しているのは、それらの製品を売りたいメーカーの戦略で、

    電気的な規格でハイレゾ対応とそうでないものの差は無いですし、非対応だと音が悪いとか、

    どこかが故障するという物では無いです。

     

    まとまりの無い状態で話を進めてきましたが、結論から言うと、

    「ハイレゾは余り魅力も無く必要性は低い」という感じになりますね。

    高級なオーディオ機器が揃っていて、色々な音を聞き分ける耳の持ち主ならば、

    大いにハイレゾの価値もあるでしょうが、そうで無い人は音型が薄いです。

    前述のようにファイルサイズがデカいので、数百曲のハイレゾ曲を持っていると、

    それだけでテラバイトクラスのHDDが満杯になりそうだし、それが万一クラッシュしたときのための

    バックアップを取っておくとなると、同容量以上のHDDが必要にもなるし、

    ハイレゾは裕福な人のための物?という感じになりますね。

    実際ハイレゾ曲は、通常曲よりダウンロード価格が平均して倍くらいの価格ですし。

     

     

    今更オーディオ(9)ヘッドフォンアンプ

    2018.04.19 Thursday

    0

      USB-DAC搭載機器として、ヘッドフォンアンプというものもあります。

      というか、最もポピュラーなUSB-DAC搭載機器になりつつあると言えるかもです。

      このヘッドフォンアンプ、据置型とポータブル型の2方式があり、

      お好きな方を選択すれば良いでしょう。

      スマフォや携帯音楽プレーヤに使うのであればポータブル型、家の中で、

      本格的なオーディオとして利用するのであれば据置型です。

      全般的に据置型の方が高額な機器が多く、余り一般的では無いかも知れません。

      これらの製品は単純に言うと、USB-DACと既存のヘッドフォンアンプを合体させた、

      というだけの製品で、特別変わった機能がある訳では無いです。

      ポータブル型ですと価格も安く、USB-DAC入門にも適していると言えます。

      使い方はとても簡単で、PCまたはスマフォとケーブル1本でつなぎ、

      あとはヘッドフォンまやはイヤフォンをつなぐだけ。

      バッテリー駆動が当たり前ですから、充電しておけば電源ケーブルも不要。

      最初だけドライバーのインストールなどが必要になる場合もありますが、

      これとて別に難しくはないです。

       

      最近流行のハイレゾ音楽というのも、これら機器で視聴可能となりますが、

      このハイレゾっていうのが・・・、ハイレゾの話はまた次回。

       

       

      今更オーディオ(8)USBーDAC内蔵

      2018.04.16 Monday

      0

        USB-DACを使って音源をPCとするのが、最近の流行で有り今後も主流かと思いますが、

        このUSB-DACに選択肢が色々あって製品の購入には迷いますね。

         

        自分が強くお勧めするのは、USB-DAC単体では購入しない方がいい、ということです。

        USB-DAC機能を併せ持つ製品の方がコスパが良く、配線の煩雑さを避け、

        使い勝手が良いからです。

        最もお薦めなのが、一体型のCDレシーバーでしょうか。

        1台でCD・ラジオが聴けて、USB接続でPCまたはスマフォやUSBメモリーにあるデータも聴けます。

        さらにはLAN接続機能を持つ物もあり、ネットワークプレーヤーとしての利用も可能な製品も、

        決して少なくは無いです。

        高機能あるいは多機能の製品では、価格が多少高くなりますが、CDとラジオとスマフォの接続だけしか

        できない製品と比較して、そんなに価格差はありません。

        最も重要なことに、多機能な一体型では音質が犠牲になるのでは無いか?という心配。

        これは自分で幾つか所有した機種を聴く限り、そして店頭で幾つかを試聴させて貰った限りでは、

        全く心配に及ばないと言えます。

        これだけ多機能で高音質では、単品のフルサイズ製品に存在意義が薄れるという物です。

        最近は各メーカーから単品は姿を消しつつ有り、一部超高級品だけを揃えて他は無し、

        というのが増えたのも頷けます。

         

        他のUSB-DAC内蔵製品としては・・・、それは次回。

         

        えんちゃんこ

        2018.04.12 Thursday

        0

          栃木出身で、もうかなり前に他界したお婆ちゃんが、

          「えんちゃんこ、しなさい!」

          などと言っていたものである。

          『えんちゃんこ』とは・・・?

          ”座る”とか”腰掛ける”という意味で、とにかくお婆ちゃんはよく言っていた。

          東京生まれ東京育ちの自分もこの影響をかなり受け、

          甥っ子が小さかった頃、「えんちゃんこしなさい!」

          と言ったものだ。

           

           

          アニメ夜話・第310回「ネト充のススメ」

          2018.04.11 Wednesday

          0

            こりゃまた面白い作品でした。

            最近よくある3パターンの内、2番目のネット世界の話に属する内容ですが、

            ネットとリアルの両サイドで物語が進むので、それはそれで面白い展開です。

             

            能登麻美子の声は好きなので、主役というのが嬉しいですが、

            OL辞めてニートになるというキャラ設定はどんなもんか?

            当面の生活費とか大丈夫なんだろうか?とか余計なことが心配になる。

             

            ネット内ではイケメンの男になる、という設定も良くあるような話で、

            やっぱりアバター作るときは異性のキャラやる人が多いのかな〜?

            となるとリリィやライラックの中の人が男というのも、容易に予想できますね。

            実際リリィは桜井でしたし。

             

            この作品の世界設定で良かったのは、リアルを細かく設定しなかったことかな、

            モロモリちゃんのかつての同僚とか故郷の両親とか、あんまりそんなキャラが絡んでこなかった点。

            リアルのイベントを細かくしてしまうと、そっちへ比重が傾き、

            ネットの方が疎かになるような感じを受けるので、リアルをある程度抑えた展開にしたのは正解です。

             

            話は丸く収まったので今後の展開は無いでしょうが(原作は知らんが)、

            何となくもっと先の展開を見てみたい感じはします。

             

            http://netoju.com/close