GW前のアキバ

2017.04.29 Saturday

0

    いよいよGW突入。

    しかし特に予定がある訳では無い自分は、のんびり過ごすことにしよう。

    職場周辺のアキバも、GWに突入すれば、かなり人出が見込まれますが、

    最近はいつも人出で賑わっているから、いつも休日と変わらないかな?

    おお、神田明神の例大祭なんですね。

    ここが最も早く例大祭をやるのかな?

    この後に、三社祭とかあるし、六月になれば鳥越神社も例大祭の時期だし。

    ところで、ごちウサのポスターに、日本三大祭りと記述がありますが、

    神田って日本三大祭りなんですか?後の二カ所ってどこなのだろう?

    規模が関東では無く、日本全国となると、関西の祭りなどが入りそうですが。

     

    末広町の交差点近くに、おでん種屋がありました。

    ここで買ったことがあるのは、相当に昔の話になるのですが、

    自家製のおでん種は美味しかったような記憶があります。

    さすがに今はやってないだろう?と思い、その場所へ行ってみると、やっぱり。

    かなり前から既に閉店しているようで、看板もないし、シャッターには落書きされたままで、

    人も住んでいないのかな?

    場所が場所なので、土地が高く売れそうで、そうなったら何か流行の店が出来そう。

    余り広く無さそうなので、店といっても業種が限られそうですが。

    この裏手に、soft99のビルがあって、ビルの中にある立体駐車場の扉の絵が見物です。

    soft99というと、私はいつも『窓ふくピカ』とか愛用しているのですが、

    あれでサラッと拭くだけで本当によく汚れが落ちる。

    油汚れとか、これでないと!という感じです。

    百均などでも、同様の物が売られていますが、全然ダメでやっぱりsoft99の製品でなければ。

     

    さて末広町から東京メトロ銀座線で帰ろうとホームに降りると、ちょうど浅草行きが来て、

    しかもそれが貴重な昭和レトロ仕様車でした。

    乗りたくてもなかなか巡り会えず(2編成しか無い?)、ぜひ乗りたいと思っていた車輌です。

    山手線や西武線の特別ラッピング車と違い、この車輌は内装もかなり拘っているため、

    乗車することに意味があります。

     

    スマフォで慌てて撮影したので、手ブレが出てしまったのが残念ですが、

    まぁ撮影出来ただけでも良しとしましょう。

    内装が噂通り昭和レトロで、木目調の内張(シールだけどね)。

    濃い緑色のシート、真鍮色に作られた手摺り、よく出来ています。

    もっとゆっくり観たかったのですが、末広町から上野では2駅しか無く、

    あっという間でお別れです。

    銀座線は良く使うので、また機会はあるでしょう。

    なんなら全部あの仕様にしても良いんじゃ無いか?とか思いますけどね。

     

    映画「ゴーストインザシェル」を観る(注:ネタバレ)

    2017.04.26 Wednesday

    0

      本文中にネタバレ有ります、未視聴の方はお読みにならないでください。

       

      ------------------------------------------------------------------

       

      1995年のアニメ版を観た(劇場じゃ無くてテレビでね)人間からすると、

      そのまんま実写化しただけ、というのが素直で簡素な感想。

      もちろん、細かくはあちこち異なっていますが、基本はそんな感じです。

      なので厳しい感想を言うと、『それほど面白くない』となります。

      新しい何か、がある訳でも無いし、驚くようなエフェクトが観れる訳でも無い、

      斬新さにちょっと欠けるような気がします。

      またオリジナルのアニメ版と比較すると、この実写版の監督と自分とで、

      解釈の違い、ニュアンスの違いが分かって、そんなことが変に面白いです。

      「ああ、この監督はここを、こんな風に解釈したのか〜」みたいな。

       

      ビートたけしが荒巻課長役で出ているのもトピックですが、思い切ったシーンが無く、

      あまり彼を起用した意味が無いように感じます。

      少佐やバドーはまぁいいとして、トグサはイメージに合わないです。

      私が鑑賞したのは2Dの吹き替え版なので、アニメと同じ声優が各登場人物を担当しており、

      かなりイメージは似せてあるような気もしますが、それでもトグサはちょっとね。

      サイトーとかも出てましたが気が付かなかったレベルだし。イシカワ居たっけ?

      驚いたのは、バドーが飼っている犬もちゃんと出たこと。

      拘ってるな、というのを感じますね。

       

      クライマックスの多脚戦車戦ですが、この多脚戦車が超カッコ悪い。

      士郎正宗デザインの美しさを理解してねーな、この監督は、と思いますね。

      実写版にパート2とか出るとは聞いていないので、この先とても変なデザインのタチコマが出る心配は無さそうですが。

       

      http://ghostshell.jp/

       

      円盤が買いたいアニメ

      2017.04.24 Monday

      0

        わざわざ円盤を買いたい、と思わせるアニメってのも、最近はめっきり減しました。

        別に、過去じゃんじゃん買っていた、という訳でも無いのですが。

        そもそも円盤というのは、DVDやBDのことで、これらの売り上げがその作品の儲けとなり、

        逆に言うと円盤が売れない作品は赤字のダメ作品ということになってしまう訳です。

        メーカーとしては何としても円盤を売りたくて、円盤にだけ特別収録のミニアニメや、

        特別映像などを載せるという姑息な手段を続けてきました。

        しかしそんなんじゃ〜、やっぱり売れない物は売れないよ。

         

        今現在、自分が購入したいと思っている円盤は、劇場版の『艦これ』。

        6月発売予定だそうで、さらなる延期が無いことを祈るばかり。

        他は無いな〜、円盤欲しいとまで言える作品が。

        過去に購入した円盤としては、『GOSICKゴシック』のBD-BOXを買いました。

        もう半年以上前ですけど、これは買って良かったと思いますね。

         

        コレクターアイテムとして、手元に置いておきたいと思わせる作品が殆ど無いんですよ。

        制作側はその辺をよく考えて、もっと作品作りに注力して欲しいのですが、

        商売である以上、低コストで制作することも必要なのでしょう。

        どうしたら、円盤の売れる作品が出来るのでしょうね〜。

         

        その昔、レーザーディスクなんてのが幅を効かせていた時代、

        『新世紀エヴァンゲリオン』のディスクがバカ売れし、品切れ状態が続いていたなんて、

        今からでは想像も出来ないような話ですな。

         

         

        アニメ夜話・第263回「怪獣娘」

        2017.04.23 Sunday

        0

          何でもかんでも擬人化し、関連アイテムとかで売り上げを伸ばそう!

          という商魂あさましい作品の一つかと期待しないで見ました。

          ショートアニメなので、ストーリーとかに深いものは無く、やはりキャラ人気で引っ張りたい、

          話題にしたいというものでした。

          しかし、じゃあつまらないか?というと、それがそうでもなく、意外に面白い。

          登場キャラの個性をかなり強めたのが良かったか、割とまとまっていて、被りは無かったようです。

          個人的にはミクラスが非常に気に入って、変身前(怪獣になる前)の活発な少女も良かったです。

          学校の制服が彼女だけセーラー服というのもポイント高いですが、

          お腹がすいたからと牛丼屋へ入ろうとするのも良い感じ(少女っぽくない)。

          主人公のアギラが、やや元気無いのが気になるのと、ウインダムがオタクという設定も、

          ちょっとどうかな?と思いましたが。

          ゼットンが登場するときに聞こえる、オリジナルの効果音が妙に気になりますが、

          本家のゼットンもあんな音出しましたっけ?

           

          暇つぶし的に見るのにはちょうどいい作品でした。

           

          http://kaiju-gk.jp/anime/

           

          アキバの春も過ぎ

          2017.04.22 Saturday

          0

            秋葉原勤務となって、早いもので3ヶ月ちかく。

            季節は冬から春へ、そしてその春も去ろうとしています。

            秋葉原というところは、平日に昼間など人出は少なく、休日との落差が大きい、

            と考えていたのですが、何やら人が多い。

            よく考えたら、世間は春休みというヤツで、それで若い人が多いのか。

            大学生などは、夏休みより長い春休みですからね。

            学生最後の新社会人候補も色々今のうち、ということでアキバに来ているのかも。

            オフィスの有るUDXビルの前の歩道には、辛夷があり綺麗に咲き誇っていました。

            ビルの目の前は京浜東北線・山手線・東京上野ラインといったJR各線が走り、

            この様な景色も昔は無かった物です。

            UDXの立つ場所は、以前にも書きましたがやっちゃ場(東京青果市場)があり、

            地面に記念プレートが埋めてあります。

            気付く人も余り居ないみたいです、自分などは最も秋葉原で印象に残る施設でしたが。

            春休みはUDXの中でもイベントが色々あり、こんなのもやってました、もう終わりましたが。

            秋葉原というと、日本で最古の駅ビル内デパートがあったのですが、無くなってから久しいです。

            代わりに出来たアトレですが、こちらもイベントやってるみたい。

            「冴え彼」ですが、これの前は「ごちウサ」で、写真撮ってる人が多かったですね。

            自分も混じって上の写真撮りましたが。

            春休みが終わって、何となく平和を取り戻したアキバですが、やはり外国人が多い。

            もちろん観光客として大挙して押しかけてくる訳ですが、ここで何を見るのでしょう?

            世界的に街並みも有名になり、路上でメイドがビラ配って客引きというのも珍しいでしょうが、

            他に何かあるのかな?何をお土産に買うのかな??

            こんな素敵な雑居ビルもあるし。

            1階は普通のヘアサロンみたいですが、2階がウサギカフェ、4階はネコカフェ、

            そして魅惑の3階が『アキバ女子寮』、なんじゃこりゃ?